ビワの葉温灸の情報発信・家庭用機器の販売サイト

ビワ葉温灸との出会い〈①私編~物心ついたときから癇癪もちだったのはなぜ?~〉

ご挨拶

ごらんいただき、ありがとうございます。ビワ葉温灸セラピストの荻野あゆです。

 

長崎市内で、整骨院と整体の代表をしながら整体師もやっています!

 

このブログでは、私の健康のパートナーである『ビワ葉温灸』についてお伝えしていきます。

 

私がビワ葉温灸と出会うきっかけになったのは、母の心身共に絶不調のおかげです(^_^;)

 

詳しくはこちらの記事からどうぞ!

 

では、いよいよ自分について書く番…。

 

~私編~ スタートです!

このブログを書くにあたり、

 

「私っていつ頃からの記憶があるんだろう?」

 

と記憶をたどると…

 

3才の記憶はバッチリ、感情と共に思い出せました。

 

私は、いわゆる

 

~~~~

癇の強い子

~~~~

でした。

 

 

癇癪のスイッチが入る理由や、タイミングはあまり覚えていないのですが…

 

 

ただ、

 

私が泣きわめく姿を見て

 

父の

 

「放っておけ!!」

 

の言葉に、

 

母が

 

「ご近所さんに迷惑になるよ…」

 

と、答えた事に

 

とても苛立ちを感じた事は覚えています。

 

 

なぜ苛立ちを感じたのか?

 

 

おそらく

 

「ご近所さんに迷惑になる」

 

ではなく

 

母に、

 

~~~~

私の事を考えて欲しかった

~~~~

 

だと思います。

 

 

私は両親からの承認欲求を強く求めていました。

 

特に母から愛情を注いで欲しかった。

 

この時すでに、

 

父と母との関係が子どもの私にも影響していることが分かります。

 

 

私は、

 

「良い子ちゃんで、聞き分けの良い子」

 

として、両親の目を引くことより

 

 

「わめいて叫んで、手がかかる子」

 

 

として、両親の目を引こうと

 

物心ついた時には、その考えが出来上がっていたんです。

 

覚えているのは、ひっくり返ってドアをバンバン蹴りながら、泣き叫ぶ…

 

泣き過ぎて、自分が何に癇癪を起こしているのか分からない

 

でも泣き叫ぶんです。

 

 

この感情をコントロール出来ないクセは、長年の私の大きな課題になります。

 

次回に続きます!